【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンションの買取りは不動産へ

築年数が30年以上の期間が過ぎている中古マンションは、設備はもちろん内外装や水回りなどの使い勝手に関して最近の分譲マンションと比較するとどうしても劣ってしまい、通常の仲介による中古マンションの売却では、なかなか購入者が付きにくいでしょう。
そんな時は、不動産に買取りの依頼を相談してみると効率良く処理することができます。

いろいろな手続きに対応してくれます

中古マンションに関して仲介とは異なる形として買取りによる売却方法があります。
業者自らが買い主になって売却物件などを直接買い取るというシステムで、最近では積極的に買取りを行う業者などが増えている傾向です。
買取りによる売却は業者側が資金を授受したり、契約や登記といったいろいろな手続きをすべて対処してくれるので、時期が不確定と言われている仲介の不安要素などを解決することができるでしょう。

この手法はいろいろなメリットがあり、最近では多くの人が利用しています。
加えて、買取りが可能な物件には中古マンションや一戸建て、アパートや1棟ものマンションなど幅広く対応することが可能です。
ほとんどすべての不動産が対象になることができ、一戸建てや中古マンションの場合買取りした業者自らが「売主」になるので、最近流行している内外装だったり設備機器を一新することができるリノベーションを施してから販売されることが多くあります。

最近この方法を専門業務としている業者が増えていて、各業者が買取りする金額に違いがあるので買取り査定を依頼する場合は複数業者に声をかけると最適な金額で契約することができるでしょう。
中古マンションの状態が良好でリフォームが必要でなかったり、そのまま再販できそうな物件だと予想以上の査定金額が出る可能性もあります。

ただし、日々変動しているので現在の買取り金額が1ヶ月後も同じとは限りません。
業者の在庫状況や他の売却物件などが出ていて希少性が薄れるなど、いろいろな要因で金額は左右されるので注意が必要です。

買取りにはいろいろなメリットがあります

買取りにはいろいろなメリットがあります。
例えば売買契約や引渡し時期が明確だったり、売却代金を早めに受取ったりすることが可能です。
仲介の売却を選択すると不動産会社に依頼した時点から、買主探しがスタートし、この時点ではいつ頃契約できるのか、引渡して売却代金をいつ受け取れるのかなどが分かりません。
また、売出価格が高過ぎたり物件状態に何かしら問題があると、反響なども少なくなるケースがあり最悪の場合買主が見つからないので売却を断念するといったこともあるかもしれません。
買取りによる売却の場合は、業者が買主になるので、金額などの条件やスケジュールが纏まるとすぐに売買契約することが可能です。早ければ契約してから2~3週間後に引渡したり、代金を受け取ることができます。

また、トラブルのある場所を補修する必要がなく現在のまま引渡すことが可能です。
不動産の売買契約では建物内外にあるトラブル箇所や破損箇所などを補修してから引渡すルールがありますが、買取りはほとんどの場合そのまま引き渡すことができます。
業者は事前に物件調査を行っており、補修箇所をチェックしてから見積りを取るので、判明した補修費用などを買取り金額から引いており、どうせ補修するならどのような業者でも同じになります。
このように、補修が可能な物件の場合買取り業者自身が工事を行うことによって、買取りが可能になる仕組みになっています。

他にも欠陥箇所などの瑕疵担保責任を免責とするケースが多くあり、これもメリットと言えるでしょう。

近隣に知られずに処置することができます

買取りによる売却方法では、近隣に知られない内に売却することも可能です。
売却する人の中には近所に知られずに売却したい人もいて、最も多い理由として住宅ローンの返済がうまくいかなくなり、自宅を売却し返済に充てる場合です。
購入時点では特に問題がなかったのに病気や転職によって収入が不安定になり、教育費などの費用が増え家計が苦しくなるといった理由がローン返済に支障ができてしまった主な要因とされています。
また、離婚や子供の問題家庭内のいろいろな事情で売却する人も増加しており、事前に買取り業者に説明しておくと近隣に知られないようできるだけ配慮してもらうことが可能です。

さらに深刻な問題が発生した場合でも買取りしてくれます。事故などが発生してしまったもの訳あり物件として買取りしてくれることがあり、金額的に低くなりますがそのような物件を得意にしている業者がいるので便利なので、ためしに相談してみる価値があるでしょう。

仲介による売却の場合は、インターネットで売却物件情報が公開されており、興味のある人は現地を見てみたいと希望することもよくありますが、内覧する人がすべて購入希望者とは言えません。
買取りではそのような不安定さは全くありません。事前に業者側と日程を決めた上で、内覧や調査を行いますのできちんと予定を組むことができ契約に繋げることができるでしょう。

他にも、中古マンションの場合でも最も重要視されるのは利便性です。
駅などの交通機関に近いなら買取りの可能性はかなり高くなり、反対に郊外でバス利用の物件になると買取りするには困難なケースもあります。
不動産業者とよく相談し、最適な金額での買取りをすすめましょう。

 

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧