【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンションが買ったときより大幅に値下がりした!買取価格と妥協点はどうやって決める?


購入した中古マンションの価値が購入した当初よりも下がってしまうことはよくあります。
これは、景気の状態が変わってしまったり周辺の土地価格が変化してしまうことによって生じることが多いです。
特に、周辺の環境に関しては中古マンションに与える影響が大きいため、その点に関してはよく考えてから購入を検討しなくてはいけません。

 

なぜ購入した中古マンションの価値は下がるのか

景気の動向を完璧に予測することは難しいですが、周辺の地価などの状況を考慮すると中古マンションの価値が将来的にどうなるのかを予測することは難しいことではないです。ただ、こういった状況を考慮する前に中古マンションを購入して価値が下がってしまった場合には、その対策を考える必要があります。

例えば、購入した中古マンションをさらに売却することを考えるときには、そのマンションを高く買い取ってくれる人を探さなくてはいけないわけです。しかし、実際に探したとしても満足のいく金額を提示してくれるかどうかは定かではありません。この場合には、お互いに妥協点を見つけて適正な価格で取引をしなくてはならないわけです。

購入した中古マンションの価値が再び上昇する確率は、そう高くはないという背景も知っておく必要があります。特に、景気の状態が悪くなってしまった後に再び中古マンションの価値の上昇を期待することはできません。一度下がってしまった建築物の価値を再び上昇させることは、専門家でもなかなか難しいことです。買取を行ってもらう時にはなるべく高くなるような妥協点を見つけて話し合いをしなくてはいけませんが、そのためにはきちんと準備をしておくことも大切です。

 

値下がりにおける妥協点と相場の考え方

何らかの原因によって中古マンションの価格が下がった時には、値下がりにおける妥協点を見つけてなるべく高く買い取ってもらうことを考える必要があります。ただ、むやみに妥協点を見つけようとしても、なかなか妥協点を見つけることができません。では、どのようにすれば妥協点を判断して高く買い取ってもらえるようになるのでしょうか。

この時に大切になるのが、相場の考え方です。不動産取引における相場は、過去実際にあった取引における相場を参考にしていることが多いです。これを参考にすることで、現在行われている不動産取引の適正価格を判断することができます。

例えば、過去同じような不動産物件があった場合にそれが1千万円で取引されていたのならば、今回の物件も大体1000万円程度で取引を行えば良い事がわかります。不当に相場が下げられていた場合には、過去のこういった取引実績を確認することで適正な相場を判断することができるわけです。

値下がりの妥協点も、こういった過去の相場と比較することによってどの程度が満足のできるものなのかを判断することができます。ただ、注意をしなくてはいけないのが実際の相場と比較して過去の取引相場が低くなってしまっているケースがある場合です。過去の取引相場が考えていた相場よりも低かった場合には、値下がりにおける中古の買い取り価格よりもさらに低い価格で取引が行われる可能性も否定できません。この場合には現在の土地の価格やマンションの耐用年数、建築年数などをさらに専門的に比較することで本当にそこが妥協点なのかどうかがわかります。

 

買取基準は一律に決まっているわけではない

不動産の買取で一番大切なことは、不動産業者によって買取基準は一律に決まっているわけではないということです。基本的に、不動産の買取交渉を行う時には一括で不動産を審査してもらう方法と、具体的にかつ個別的に審査を行ってもらう方法と二つあります。

一括で審査を行ってもらう時には、インターネットなどを利用して手軽に審査を行ってもらえますが、そのぶん細かな部分は見ないことになります。ですから、不動産市場の全体傾向に引っ張られる形に相場が変動することが多いです。

反対に、細く専門的に不動産を鑑定する場合には、詳細な部分も見ていくことになりますので不動産の買い取り価格が大きくなる可能性が十分にあります。これは上記で述べた不動産の過去の比較と同様の考え方です。一律に判断するのではなく、過去の取引事例を個別的に比較していけば、本当に値下げによる買取価格が妥当なのかどうかがわかるわけです。

中古マンションの買取交渉をする時に、一社だけに絞って判断することはリスクが高い行為になります。リスクを回避しながらなるべく高い価格で取引する場合には、できるだけ多くの会社で査定をしてもらうことが大切です。その中で、最も高い会社と取引をしていくのが基本です。実際に、特定の会社で妥協点を見つけることができなかった場合には、他の会社と相談することでその問題を解決できることもあります。一つの会社で問題を解決する必要はなく、多くの会社から査定をしてもらって納得のいくところと取引をすれば良いわけです。こうすることで、下げられた中古マンションの買取価格を是正することができるようになります。

 

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧