【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンション買取のメリットとデメリット

中古マンションを手放すことを決めた場合に、その手段として買取と売却の二つの方法から選ぶことになります。
買取も売却をどちらも同じだろうと適当に選び、業者に言われるがままに進めていくと、後々に後悔する可能性もあります。
中古マンションを手放す際に買取を選ぶ場合には、そのメリットやデメリットを把握してから進める必要があるでしょう。

中古マンション買取におけるメリットとは

中古マンション買取の最大のメリットとして挙げられるのが決済が速いことです。
不動産業者が買い取ることになり、現金で購入するケースがほとんどのため、ローンの審査もなく短期間で入金が可能となります。
仮にローンを利用するとしても、一般の人が住宅ローンを組む時よりも審査のスピードは速くなります。

売りにくいマンションを売ることができるのも強みです。
買取の場合には売却活動をする必要がなく、その物件を買い取りたいと考える不動産会社があれば売却は完了となります
不動産業者は買い取ったマンションを転売することになるため、そのマンションに自分が居住するわけではありません。
不動産会社が想定した価格で売れる物件だと判断すれば、買い取ろうと判断することになります。

さらに仲介手数料がかからない点も大きなメリットといえるでしょう。
物件価格が200万円以下の場合には物件価格の5パーセント400万円を超える物件価格の場合には物件価格の3パーセントに6万円を加えた金額の仲介手数料がかかることになります。
もしも3300万円のマンションを売却した場合には、約113万円の仲介手数料を払わなければなりません。
その点、仲介ではなく不動産会社が買い取ることになり仲介手数料がかからないので、仲介手数料は高額な金額であることが多い中で非常に利点と言えるでしょう。

中古マンション買取におけるデメリットとは

反対に中古マンション買取におけるデメリットでは、まず第一に相場よりも安い価格になる可能性が高いことが挙げられます。
不動産会社は買い取ったマンションを転売することになりますが、そのまま転売することもあれば、リフォームをしてから売りに出すこともあります。
どのような形で売り出すにしても、相場よりも安く買い取らなければ転売は厳しくなってしまいます
このことから相場よりも安い価格になってしまうのは当たり前のこととも言えるでしょう。
また、不動産会社がマンションを売却する際には広告費用仲介手数料リノベーション費用人件費などがかかることになります。
リノベーションをせずに売ったとしても広告費用だけでも相当な費用になり、不動産会社がこれらの費用を上乗せしたうえで売りに出さなければならないため、価格は一般的に相場の価格の7割から8割程度の金額になるでしょう。

そして二つ目のデメリットは、信用できる業者を見分ける能力が必要な点です。
もちろん仲介の時にも不動産会社を見極めることは大切ですが、買取の場合には価格が安いことや、買取を扱っている不動産会社が多くないことから、不動産会社を選択することがより重要になります。
価格は相場よりも安くなる傾向が強いですが、不動産会社によりその金額は100万円以上の差が出ることもあります。
仲介の時以上に多くの不動産会社に査定を依頼する必要があり、その中で査定の金額も高く、さらには最後まで親身になって手続きを進めてくれそうな不動産会社を選ばなければなりません。

このような場合には買取を選びましょう

中古マンションの買取にはメリットやデメリットがありますが、たとえデメリットがあったとしても買取を選んだほうが良い物件もあります。

まず第一に築年数が極端に古いマンションです。
築年数が30年以上経過しているマンションなどの場合には、その査定額は極端に低くなると思われますが、リフォームやリノベーションをして転売することにより、マンションの資産価値が高まるため、不動産会社が高い金額で買い取ってくれる可能性が高まります。

次に、駅から徒歩15分以上かかるマンションの場合にも買い取ってもらった方がよいといえます。
中古マンションを検討する人の多くは、駅からの距離を条件にする人がほとんどで、駅からの徒歩分数は重要な要素の一つになっています。
駅から遠ければ売り出しにしてもなかなか売れずに、売れない期間があればあるだけマンションは劣化していくことになります。このような点で考えれば、買取の方が高く確実に売れるのかもしれません。

最後に、生活しにくい間取りのマンションの場合です。
家具の配置がしにくい部屋の形をしていたり設備や仕様が極端に古い、断熱性能機などの性能面で劣るなどのマンションの場合には、たとえ集客できたとしても、内覧で実際の間取りを見て生活しにくいと感じ検討を取りやめてしまう人もいることから成約につながらない例が多く見られます。
なお、不動産会社はリノベーションを見越して買取することになるので、それなりの価格になる可能性が上がります。

 

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧