【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンションの買取査定の仕組み

中古マンションを売りたいときには二つの仕組みがあります。

一つは「仲介」という方法で、もう一つは「買取」という方法です。

この場合には金額は安くなりますが、すぐに現金化できるというメリットが大きいです。

ではこの買取でマンションを売りたい場合、不動産会社はどのような査定をするのでしょうか。

仕組みを見ていきましょう。

 

不動産査定には2種類の方法がある

不動産の査定は大きく2種類に分かれます。

一つは机上査定と呼ばれるもので、これは簡易査定という呼び名もあります。

この方法のメリットは結果がメールや郵送物で分かるので、不動産会社の営業担当者に会う必要がありません。

しかしもっと掘り下げて査定をしてもらいたい場合には、訪問査定という方法が使われます。

これはこの業務を担当する不動産会社の調査員が、売りたい中古マンションを訪問して、内部を目視などで見て回り、プラス面とマイナス面を厳しくチェックします。

ですから訪問のほうが、実勢価格を知ることができるために、有利になります。

どちらを選ぶかは自分次第ですが、その中古マンションに応じた価格で売却したいのならば、やはり訪問することを選んだほうが良いでしょう。

その他にも1社ではなく、複数の不動産会社に依頼する一括査定という方法もあります。

この一括査定はいわば「相見積もり」のようなものです。

つまり一つの不動産会社にだけ依頼するのではなくて、いくつもの業者に依頼して、一番高く買い取ってくれる業者を選べば良いのです。

不動産の買取価格は業者によっては、大きく差が出ることもありますので、この方法を採用したほうが良いでしょう。

そして大事なことがもう一つあり、それは地元の業者に依頼することです。

地元の業者はその土地の価格の推移などを知り尽くしているからです。

ですから適正な価格で買い取ってくれる可能性が非常に高くなるのです。

 

中古マンションの価格を決める方法とメリット

まずは売りたい中古マンションの情報を持って、その土地に詳しい不動産会社に相談に行きましょう。

すると担当者がさっそく査定してくれます。

それ自体は無料ですから、気軽に相談ができます。

そしてそれらが終了した後、その金額が提示され、納得いくようでしたら売買成立になります。

この買取の便利な所は何と言ってもその速さです。

仲介の場合は売主が見つかるまでは、そのマンションはもちろん売れたことにならないですから、現金が入ることはありません。

しかし買取ならば不動産会社が買い取ってくれますので、すぐに現金化できるという大きなメリットがあるのです。

それ以外にも近所にマンションを売ることを知られたくないときなどにも、買取は役に立ちます。

もし仲介を選んでしまうと不動産会社の広告などに掲載されてしまうために、近所に知られてしまうリスクがあります。

しかし買取の場合はそれがありませんので、プライバシーを守るためにも買取がお薦めです。

では不動産の価格はどのように決めるのでしょうか。

不動産の売却価格を決める方法は3種類あります。

一つ目は原価方式と呼ばれる方法で、老朽化などによって価値が下がった部分を、差し引いて求める方法です。

二つ目は取引事例比較方式と言い、過去のその不動産会社の取引した物件を目安にして、売却価格を割り出す方法になります。

これは経験の豊富な不動産会社であれば適した方法です。

三つ目は収益還元方式です。

これはその物件が生み出す家賃収入から求める方法です。

ですからその物件を不動産会社が貸しに出す場合には、その方式で価格を求めることが多いでしょう。

 

仲介より売値が安くなるデメリットがある

中古マンションを買取してもらう場合にはいくつかの注意点があります。

その一つが買取価格についてです。

これは仲介で売却したときよりも買取の場合は、どうしても安い値段でマンションを売ることになってしまうのです。

これは不動産屋が買い取った中古マンションを、再びリフォームしたり、リノベーションをしたりしてもう一度売りに出したり、貸しに出したりするためにそのリフォーム料金を引いた金額が売却価格になるからなのです。

ですからもし少しでも売却価格を上げたいときには、買主が見つかるまで時間がかかるかもしれませんが、仲介を選んだほうが良いでしょう。

しかしすぐにそのマンションを現金化したいときにはスピーディな買取のほうが断然有利になります。

この買取はメリットはたくさんあり、デメリットと言えるものはこれくらいしかないのが特徴です。

そのため価格をあまり気にしないタイプの人であれば、迷わず買取のほうを選んだほうが良いでしょう。

そして何社かの業者に相見積もりを取ってもらい、一番高く買い取ってくれる業者を見つけることができるのならばデメリットはほぼないと言って良いでしょう。

中古マンションを売りに出すときには、このような点に注意を払い、不動産会社を選んでいきましょう。

すぐに現金化できるからと言って相見積もりを取らないのは禁物です。

ときには大きく差が出る時もありますので、マンション買取の仕組みを良く勉強してから望みましょう。

 

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧