【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンション買取の査定には費用が掛かる?

中古マンションを買取に出したいけれど、査定を受けるのにも費用がかかるのかどうかわからないという人は多いでしょう。

そもそも不動産の査定を受けること自体、人生でそう多くあることでもないですから、いろいろと不安に感じるのは当然です。

ここではそうした疑問点を解消するために、査定について解説していきます。

 

不動産査定には有料と無料とがあります

まず気になる査定費用ですが、不動産会社が行う場合は一般的には無料となることが多いです。

ただし別の角度から不動産の評価を行いたい場合、有料となる方法もあります。

それが不動産鑑定士に依頼する方法です。

日本には不動産鑑定士という国家資格があり、この資格を持つ人は不動産の価値を正確に鑑定する能力を認められています。

だから例えば、売りに出す中古マンションの真価を知りたいという場合、不動産業者とは別に鑑定士に依頼することも可能でしょう。

不動産鑑定士に依頼するメリットは、査定報告書を得ることができる点です。

第三者の専門家が鑑定して作成した報告書には、不動産の適正価格を証明する効力があります。

万が一なんらかの食い違いが起こった場合にも、価値を証明する有効な手立てになります。

ちなみにこうしたことから、企業間で不動産の取引が行われる場合は、第三者の有資格者による不動産鑑定書類は必須書類と言えます。

交渉をスムーズに進めるという意味もありますが、その報告書に基づく価格で取引することで税務署でも合理価格での取引とみなされます。

万が一の場合には報告書が裁判所の書類としても使用できるため、非常に正当性の高い書類と言えるでしょう。

だからこそ、例え有料でも不動産鑑定士に依頼して鑑定を受けるわけです。

ただ、一般的な中古マンションの売買であれば、不動産会社が不動産売却業務の一部として無料で行うことが多いでしょう。

不動産会社としては仲介手数料を得ることが目的ですので、一般的な業界の相場に照らして価値を提示することになります。

具体的には、似た物件が過去に売れた金額から相場を提示する方法が取られるでしょう。

 

必ずしも不動産鑑定士に依頼すべきとは限りません

料金がかかる場合とかからない場合とを説明しましたが、そうなると買取に出す時に鑑定士に頼むべきかどうかが迷うポイントになりますね。

前述の通り、企業が大規模な不動産を売却する場合であれば、税務署や裁判対策として鑑定に出すのが基本となります。

ただ、一般的な住宅でそこまでする必要があるかと言えば、必ずしもそうとは限りません。

鑑定士は証拠資料という面から算出額は保守的になりやすいですし、不動産会社は広告的なメリットも期待して高めの金額を提示しやすいです。

両者において提示額が大きく離れることも珍しくはありませんし、お金を払って依頼したとしても判断材料になるとは限りません。

もちろんケースバイケースですし、売主の考え方次第ですので一概に言えませんが、依頼はそのあたりを熟考して判断する必要があるでしょう。

 

まずは不動産会社に相談してみるのが良い方法です

不動産鑑定士に依頼するまでではないにしても、どこかの不動産会社に任せきりになってしまうのも不安だというのはごもっともです。

どうしても不安なら、複数の不動産会社に依頼してみるのも一つの手段でしょう。

一般的に、査定をした後の流れとしては売却の手続きとして契約を締結するのが通常です。

ただ、見てもらったからと言って必ずしも契約を締結しなければならないわけでもありませんし、前提条件になっているわけでもありません。

まだ売るかどうかわからない段階でも自由に依頼して構いませんし、もちろん不動産会社側もそこは承知しています。

契約に進まなくてもお金がかかることはありませんので、気兼ねなく相談するのが賢い方法です。

もちろん不動産会社としては営業をかけますので、ほとんどのところが他社よりも高く売るとセールストークはするでしょう。

ただ実際には、さほど大きな差額にはならないことが多いです。

不動産は、立地と物件でだいたいの額は決まって来ますので、驚くほどの差が出ることはほとんどないはずです。

あまりにも他社より突出した金額を提示するような業者がいたら、逆にそちらのほうが信用が薄くなってしまいますね。

例えば最初だけ高く売り出しておいて、後で売れないからと言って何度も値引きを繰り返すようでは本末転倒です。

不動産には同一物件はないので判断は難しいですが、インターネットなどで周囲の売出価格などを見れば、おおまかに相場は想像がつくでしょう。

なるべく多くの情報を得ることが一番大切です。

 

中古マンションを買取に出すなら、不動産会社に依頼して無料で査定を行ってもらうのが一般的です。

第三者の不動産鑑定士に依頼するという方法もありますが、こちらは有料となりますし、必ずしも依頼すべきとは限りません。

1社に任せきりが不安な場合には、複数の不動産会社に相談することも可能です。

見てもらった不動産会社と必ず契約しなければいけないわけではありませんし、売るかどうか決まっていない段階での相談も可能です。

まずは相場を知るためにもいろいろな情報を集めることが大切でしょう。

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧