【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンション買取依頼には仲介手数料が発生する?

中古マンションを処分するときにまず買主をさがす必要に迫られます。

買主や購入希望者を個人の力で探すのは容易なことではありません。

自分の人脈や情報発信などの情報収集を通じて、探すこと不可能ではありませんが本業の傍らで時間を割いて、買主を探し出すのは現実的な選択肢とは言えないでしょう。

そこで不動産会社を利用して処分方法を検討することになるのが一般的です。

不動産会社を利用した不動産売却には「仲介」「買取」の二つの選択肢があります。

特に真水部分の売却額に影響をあたえるのが仲介手数料の問題です。

また不動産を処分するときの流れなども滅多に利用しないサービスなので事前に流れも確認しておきたいものです。

そして不動産を処分するときには額面どおりの現金を手に出来るわけではないので各種の手数料や税金にも留意する必要があります。

そこで今回は中古マンションの買取などの処分について問題点や注意事項を御紹介しましょう。

 

不動産処分は仲介か買取から選択

中古マンションなどの不動産処分を検討する場合、購入希望者を探すために不動産会社を利用することになります。

この時の処分方法には「仲介」「買取」のいずれかから選択することになります。

「仲介」とは不動産会社と媒介契約を締結して購入希望者を探してもらうことになります。

具体的にはホームページに物件情報を掲載したり新聞広告に出したり、不動産会社にとっての共通したデータベースを提供する指定登録機関(レインズ)に物件情報を登録するなどの方法を駆使して購入希望者が現れるのを俟ちます。

この方法では日本全国規模のフィールドで、しかも不動産会社の情報発信力などを利用できるので購入希望者が現れるチャンスが大きくなります。

しかし売買契約成立時には仲介手数料(販売価格の3%+6万円)を支払う必要があります。

これに対して「買取」では不動産会社が自ら買主になって売買契約を締結することになります。

間にたって購入希望者を探すわけではなく、あくまで買主になってくれる点に大きな違いがあります。

また購入希望者を探す手間も時間も必要がないので迅速に処分をすることが可能になります。

不動産会社のなかには買取りに力をいれている会社もあるので、仲介では想定できないほどのタイムスパンで処分して現金化をはかることができます。

特に周辺の不動産の相場額が低かったり、交通アクセスが乏しいなどの買い手がなかなか見つからないなどの不動産販売物件としての高い評価を期待できないなどの問題点を抱えている場合にも処分が可能な点が大きなメリットです。

また広告宣伝活動や営業活動などの仲介業務が発生しないので仲介手数料を支払う必要もありません。

不動産会社は買い取った中古マンションなどの物件をリノベーションしたりして購入金額に上乗せして、第三者に転売することで利益を得ることになります。

とはいっても必ずしも買主が現れるとも限らないので、在庫リスクを抱えることにもなります。

そのため仲介に比較すると査定額が低くなる可能性があります。

 

中古マンション買取の流れについて

それでは中古マンションの買取の流れを確認しておきましょう。

まず不動産会社探しから始まります。

不動産会社にも得意分野があり賃貸に力をいれている会社もあれば、売買なら仲介から幅広く取扱っている場合もあります。

電話やホームページで取り扱い分野や業務実績などを確認しておき、自分のニーズにあった不動産会社を探すのがポイントです。

都市部では全国的に知名度の高い会社でもかまいませんが、地方などでは地元の物件情報や相場額にも精通している不動産会社を選ぶのがベターです。

いくつかめぼしい不動産会社が見つかったら、査定依頼を出してみましょう。

査定だけでは無料の場合が一般的なので数社に依頼して比較対照してみるのも一案です。

不動産会社は独自の調査や周辺の販売実績などをもとに相場額を把握し査定額を提示してくれます。

査定額に納得できたら不動産会社を決定し打ち合わせなどを行います。

打ち合わせなどで買取価格に納得できれば契約を締結することになるわけですが、不明な点は担当者に確認しておきましょう。

契約完了後代金支払いや物件の引渡しなどになります。

スケジュールは売り主さんの都合に合わせてくれますが、全般的には数日程度から30日ほどですべての手続きが完了するのが一般的です。

 

不動産処分のための費用や税金に注意

不動産会社に買取処分するときには、代金支払いを受けることになりますが各種の費用も発生します。

仲介ではないので仲介手数料は発生しませんが、住宅ローンに関連して抵当権設定登記などが残存しているときには残債の支払いや抹消登記のための司法書士への報酬などが必要になります。

また売買によって利益が出ている場合には所得税や住民税なども発生するので確定申告が必要になります。

 

中古マンションを不動産会社に直接買取ってもらうときには広告活動などの仲介業務がないので仲介手数料は発生しません。

仲介のように購入希望者をまつ手間も時間もなく迅速に現金化することが可能ですが、査定額が低くなる可能性はあります。

売却誤には所得税や市民税などの対象日なるので確定申告も必要です。

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧