【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンションの買取と仲介の違いとは?

中古マンションを売却したい場合には、一般にはその地域を営業エリアとしている不動産会社に相談をして、物件の査定を受けてからとするのが普通です。

しかしこの場合であっても仲介と買取という両方の方法があります。

どちらの方法を採用するのかによって、メリットとデメリットの数々の違いが見られますので、最初に選択するものも重要です。

買取と仲介では相手方が大きく異なる

中古マンションを売却しようとする場合の窓口として不動産会社に相談をした場合、その後の査定の経た上での見積もり価格は、仲介と買取に分かれています。

どちらかといえば仲介のほうが一般的といえますが、これは不動産会社に広報宣伝から現地案内、契約に至る段取りなどのいっさいの業務を代行してもらい、個人の買い手を不動産会社に見つけてもらうことによって、最終的な中古マンションの売却に結びつけるという方法です。

したがって不動産会社が窓口になるとはいっても、契約をするのはあくまでも売主と別の個人の買主となります。

不動産会社は売主と買主との間を取り持つ役割を果たし、その成功報酬の一種で所定の手数料を得るというしくみからこの名称が使われています。

いっぽうの買取のほうですが、この場合の買主はほかの誰かではなく、相談を持ちかけた相手にあたる不動産会社、つまりはその不動産会社が直接中古マンションを買い取ることになります。

このように窓口が同じではあっても実際の買主が異なることから、仲介と買取ということばが生まれるようになった背景を押さえておくとよいでしょう。

これらの方法の違いは売却の際の値段や期間、そのほかにも売主としての義務にまで関わってきます。

仲介と買取は互いに特徴的なメリットとデメリットを持っていることから、その両面を比較してみて、目的を踏まえながら検討を加えることも、最終的な決断をする前には必要とされることです。

仲介のメリットとデメリットとは

仲介で中古マンションを売却する場合に一般的な方法というのは、実はこの方法のメリットとされる部分が大きな理由となっています。

それは高値で売れる可能性が比較的大きいということです。

不動産を購入しようとする個人のニーズというのは実に多様ですので、もしも気に入った物件があれば、多少高くても他人に取られてしまう前に契約をするのがごく当たり前となっています。

逆に数々の物件を見慣れている不動産会社であれば、その物件の価値を築年数や部屋の間取り、床面積、特殊な設備の有無、駅からの距離などの立地条件といった、さまざまな要素に分解した上で妥当な価格を割り出しますので、見積もり価格以上で売却することが難しくなります。

仲介の場合の売出価格はあくまでも売主が決めるもので、不動産会社の査定は参考に過ぎませんので、やり方次第では金銭的なメリットはもっとも大きくなります。

デメリットとしては不動産会社に買主を見つけてきてもらうための広告宣伝費などの費用を成約時の手数料として支払わなければならないことが挙げられます。

もともとの中古マンションの売却価格が大きいため、価格の数パーセント相当として定められている手数料の金額も必然的に大きくなります。

もっとも手数料は法令にもとづき上限が決められているので不当に高くなることはありません。

また買主を見つけるプロセスが入りますので、不動産会社に依頼をしてから制約に漕ぎ着けるまでの期間がかなりかかってしまうことがあります。

すぐにでも売却したいのか、それとも高値を目指して待つことが可能かという希望条件もポイントとなるでしょう。

買取のメリットとデメリットとは

不動産会社に対して直接売却するのが買取ですが、こちらは経験豊富で不動産の市場価格にも通じている不動産会社が相手となるだけに、仲介以上の高値が付くことはまずありえないといってもよいでしょう。

そのため金銭的な面ではデメリットもありますが、逆にメリットもあるために他の方法とも併存できているのが実際のところです。

たとえば相続で得た中古マンションを税金の支払いのために売却したい場合など、時間的な余裕がないのであれば、買主を見つけるプロセスが不要な買取のほうがスピーディーで目的に適っています。

ほかにも立地や築年数などの面で不人気な物件の場合でも、個人の購入希望者を見つけるのは大変ですので、最初から買取を選択して不動産会社に確実に売却したほうがよいことがあります。

しかも相手を探す必要がないので手数料も不要になりますので、余計な出費がないという点でのメリットもあります。

また中古マンションの場合には売主の瑕疵担保責任が問われるのが普通です。

これは見た目では判断できないような欠陥があった場合に、買主に損害賠償をしたり、修繕費を支払ったりする責任をいいます。

相手が個人などの場合には、契約によって瑕疵担保責任が及ぶ期間を定めるにしても、その期間に欠陥が見つかり金銭的な負担を余儀なくされるリスクがつきまといます。

しかし買取の場合はプロの不動産会社が相手ですので、この瑕疵担保責任の規定は適用されないというメリットがあります。

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧