【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

中古マンションの買取査定は家の中もチェックする?

今持っているマンションを中古マンションとして買取してもらう場合、面積や立地条件などが査定の範囲に入るのはもちろんですが、家の中の状況も査定に入るのでしょうか。

いくつかの不動産会社の査定方法を元に説明していきます。

 

基本的には、家の中の状況も査定に入る

やはりどの不動産業者もマンションの買取を行う場合は家の中もチェックしていくようです。

これはこの家がどのように使われていたのか、また次に買う人が気持ちよく生活するためには、どのような修繕が必要なのかを確認するためのものであり、この部分が汚れているからマイナス何円といったような採点をしているわけではありません。

そのため、あの時のソースの染みが、あの時のインクの飛び散りが、というように一つ一つの汚れに対して不安がる必要はなく、あくまでも全体的にどれくらいの修繕をしたほうがいいのか、もしくは修繕しなくても売れそうなのかどうかを確認するためのものです。

あくまでも不動産会社の人も、次の人が買ってくれるためのお手伝いをしてくれるに過ぎないので、不動産業者の内見の前に汚れを隠したり、白く塗るなどする必要はありません。

どのようにすれば、すぐにできるだけ高い値段で売れるのかを一緒に相談しながら決めていくといいでしょう。

当然ながらプロからの視点、今までの経験があるので、単に値段を下げるだけではなく自分では思いつかなかったような売り方を提案してくれるかもしれません。

 

買取には、いかなる場合でも掃除は必要

不動産業者がいくら味方であるとはいえ、汚い部屋を不動産業者の人に見せると、やはり売れないかもしれないという気持ちになってしまうものです。

そのため売ると決めたときから、できるだけの掃除はするようにしましょう。

普段の掃除はもちろんのこと、壁や床の汚れもできるだけきれいにできると良いでしょう。

ただ、先述のように落ちない汚れを気にする必要はありませんが、どうしても気になる場合は専門の清掃業者を呼ぶと良いでしょう。

レンジフードの汚れ、トイレやエアコン周りなど、素人ではなかなか掃除できないところも、きれいに掃除してくれます。

この状態をキープすることで、もし買いたい人が内見に来た場合でも、きれいさをアピールすることができるでしょう。

もしかすると、相場よりも少し高い値段で売れるかもしれません。

ただ掃除したり、プロの業者に頼んだからといって、劇的に買取の値段が上がるわけではなく、あくまでも可能性があるという程度です。

そのため、清掃のために多額の投資をする必要はありません。

次に買う人が全体的に修繕する可能性もあるので、できる限りきれいにするというくらいの気持ちで良いでしょう。

 

どうしても隠したい部分がある場合

生活していると、知らぬ間にできた汚れや傷が家の中にあるものです。

特にペットを飼っている家で、ペットに家の中を傷つけられた場合や、子供がふざけて壁に穴を開けた場合等、売るときに他の人に見せたくないようなものもあるかもしれません。

そういう場合はポスターなどを貼ったとしても、不動産の内見の時に捲って確認されてしまう場合がほとんどです。

そのため、どうしても隠したい場合はリフォームをするしかありません。

個人的にDIYでリフォームをしようと思っている人もいるかもしれませんが、慣れている人ならまだしも、家の中をきれいにするためのDIYというのはかなりハードルが高いものです。

現状よりも悪くなるということも考えられます。

そのため、どうしても家の中を確認されるときに見られたくない傷がある場合は、専門業者にリフォームをお願いするといいでしょう。

ただ壁紙を張り替えるだけでは、買取後問題になる可能性があるので、直すのであれば徹底的に直す必要があります。

そうなると費用もかさんでしまうでしょう。

そのため、まずは不動産業者の人に内見に来てもらい、どうすれば良いのか相談するのが一番でしょう。

結果として、修繕することになった場合でも、プロからのアドバイスがあるのでスムーズに進めることができます。

また修繕せずに、次の人に売るという方法もあるかもしれませんので、やはり一番に相談するべきです。

おそらくどの不動産業者もこういった場合にも慣れているので、丁寧に対応してくれることでしょう。

 

今持っているマンションを買取してもらう場合、基本的に家の中もチェックされるので、個人的にできる掃除や、金銭的に余裕があれば、専門業者に頼んで清掃してもらうことが必要です。

壁などに穴や傷があってどうしても誰にも見られたくない場合でも、金銭的に余裕があれば、専門業者によるリフォームをお願いするのもひとつの方法ですが、必ずしもそうしないといけないというわけではないので、特に問題がなければそのまま不動産業者の人に見てもらうのが一番でしょう。

とにかく、一度不動産業者の人と連絡を取り相談していくことが大切なので、まだすぐに買取をお願いするわけではない場合でも、一度連絡してみると良いでしょう。

 

サイト内検索
中古マンション買取業者ランキング!
第1位 カウカウ
記事一覧