【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

前へ
次へ

中古マンション買取業者ランキング!

中古マンション買取業者はしっかり吟味して選びたい

失われた10年とも20年とも呼ばれている不況からずいぶん時が流れ、ようやく土地の値段も安定してきました。古いマンションを所有している方にとっては、「売却」という選択肢も現実的なものと思えてきたのではないでしょうか。事実、私の周辺の人物、そして他ならぬ私自身も、中古マンションの売却を行い、まとまった資金を手にすることができました。マンションの売却を行うのであれば、今が一番よい時期なのかもしれませんね。

マンションの売却を行うにあたっては業者による仲介が不可欠となってきますが、買取業者選びに関しては注意が必要と言えるでしょう。なにしろ、日本国内には多数の中古マンション買取業者が存在しています。その中には中小零細から大手企業までさまざまな会社が存在しているため、その特徴やサービス内容も多種多様です。ひょっとすると「どの業者に任せても、金額はだいたい同じでしょ?」と思われているかもしれませんが、それは大間違いです。業者によってその買取価格は大きく変動するため、業者選びの時点でその損得が左右されるのです。

このサイトは、中古マンションを所有している方の誰もがお得に売却できるよう、買取業者の比較検討をランキング形式で行っています。

中古マンション買取業者ランキング一覧!

第1位 カウカウ
スタッフの説明が分かりやすくサービスも群を抜く

中古マンションの買取ランキングの1位を決めるにあたっては、それほど悩みませんでした。いや、正確に言えば、ある業者と出会うまでは「どれが1位だと皆納得してくれるだろうか」といった風に少々悩んでいたのですが、その業者の存在を知ったことによって、「1位はここしかない!」という気持ちになり、かなりスムーズに決定を済ませることができたのです。

それが、この「カウカウ」という中古マンション買取業者です。平成24年に設立されたこの会社は、、資本金2000万のそこまで大きくない新興の業者です。中古マンションの買取のみならず、不動産関係の業者というのは「大手を選べ」という傾向が強いので、私も最初はそれほどでもないと考えていました。しかし、HP内容に気になる点がいくつか見られたので直接電話で問い合わせを行ってみたところ、この会社に関する印象がガラリと変わりました。率直に言うのであれば、この会社のスタッフが行ってくれた説明というのが、とても分かりやすかったのです。

「なんだ、そんなことか」と思われるかもしれませんが、これって非常に大事なことだと思います。なぜなら、利用者に理解してもらえる説明を行うことができれば、自社のサービスを利用してもらうことなんて夢のまた夢だからです。訳の分からないことばかり言われる商品なんて、数千円までならフィーリングで買うことがあるかもしれませんが、数十万数百万、あるいは数千万となると話は違ってきます。説明のわかりやすさは、信頼性の高さに直結しているといってよいでしょう。

その他、この会社は他の業者が力を入れていなかったり、見落としがちなポイントについてもしっかりフォローをしてくれています。万遍ないサービスをお求めであれば、このカウカウはおすすめです。

ブランド力に関してはナンバーワンの大手業者

中古マンションの買取記事ランキングにおいて、1位は先ほど紹介したカウカウに決定させていただきました。これは先述した通り、カウカウのサービスクオリティやスタッフの対応姿勢が思った以上によかったため、急きょ1位にランクインさせることにしたのです。

では、もともとどこを1位にしようとしていたのかと言いますと、それがいくつかあるんです。優良企業が多く、言ってしまえばまだまだ悩んでいたということなのですが・・・。そのうちのひとつが2位としてご紹介する「株式会社大京穴吹不動産」です。

東京都渋谷区千駄ヶ谷にオフィスをかまえているこの会社の資本金はかなりすごく、実に約14億円。社員数も1300人に近いです。さきほど紹介したカウカウと比較を行ってみれば、その大きさが分かるかと思われます。

「そんなに大きな会社であれば、もっと有名になっていてもよいはずでは?自分は聞いたことないけれどなぁ」と思われる皆さん、実はこの会社が関係している不動産のサービスを、誰もが一度は目にしているはずです。この大京穴吹不動産というのは大京グループというグループ会社の一員なのですが、このグループが扱っている非常に有名な不動産サービスに「ライオンズマンション」があります。ライオンズマンションと言えば、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地にて高級マンションの紹介を行っている非常に大きな不動産会社ですね。

そのグループの一員であり、多くの高級マンションを手掛けた実績がある株式会社大京穴吹不動産は、非常に高いブランド力を持っているのです。ですから、このサービスを利用したことによる満足度の高さや、大手企業ゆえの安心感は、しっかり期待できるのです。

大手でありながら地域情報への強さをアピールしている

このイエタンを運営しているのは、「大成有楽不動産販売」という会社です。ひょっとすると、東京都内に住んでいる方であればその会社の名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれません。

大成有楽不動産販売というのは、東京都中央区京橋にオフィスをかまえている不動産事業全般の会社です。どちらかと言えば大手の部類に入る会社であり、資本金は5億円、社員数は553名在籍しています。2位の大京穴吹不動産と比較すればそれほど大きな会社とは思えないかもしれませんが、1位のカウカウと比較してみると、やはり大きな会社であることがわかるでしょう。

そのモットーを見てみると、「人と住まいを信頼の架け橋でつなぐ」というもの。不動産というのはかなり人と関わる事業ですから、コミュニケーションを重視するということは大きく利益に関係してきます。だからこそ、こうしたモットーは非常によいと思えますね。実際このイエタンは数々のユニークなサービスを用意しており、利用のしやすさに関してかなり気を配っているようです。

そして、このイエタンは比較的大手に入る部類でありながら、地域情報への強さをアピールしているようです。たとえば1位のカウカウなどと比べてどのあたりが「強い」のか、そこまで具体的な情報を収集することはできませんでしたが、地域情報に関して強みを持っているというのは、大手マンション買取業者同士の比較においてもなかなかのアドバンテージと言えるでしょう。

住友林業のネームバリューが業界トップクラス

このランキングも後半となりました。調べていて実感させられたことではありますが、中古マンションの買取業者というのは本当にいろいろあるなと思います。こうしたたくさんの業者の中から自分に合ったところを選ぶというのは、なかなか根気のいる作業ではありますが、それでもその比較検討をちゃんとやるだけでも、買取価格が大きく変わってくる可能性があります。ですので、真剣に選ぶようにしましょう。

さて、中古マンション買取業者ランキングの4位に輝いたのは、「すみなび」です。このすみなび自体は知っている人はあまりいないかもしれませんが、その運営元は非常に有名な会社となっています。どこかというと、「住友林業ホームサービス株式会社」です。「住友」と聞いて、知らないという方はほとんどいいのではないでしょうか。住友財閥の流れを汲み、「三井住友銀行」や「住友精密工業」、「住友建機」に「住友不動産」など、日本であらゆる事業を幅広く展開している住友グループは、国内有数の大企業グループです。住友林業はその中でも資本金326億、47977haもの社有林を保有している、住友グループのみならず国内の全企業と比較しても上位に入るきわめて大規模な会社です。

「やっぱり小さな会社は信頼できないし、大手の企業に頼みたいな」「どうせなら、ブランドイメージの強い会社に依頼をした方が安心できる」とお考えの方にとって、このすみなびはうってつけの存在と言えるかもしれません。なにしろ、すみなびを運営している住友林業は国内有数の大手企業。このランキングにおいてももっとも規模が大きいです。ひょっとすると、住友の名前を聞いただけで即決する方もいるかもしれませんね。

しかし、このランキングにおいてはやや低めのランクインとなっています。これはどういうことかというと、私の個人的な判断によるものです。理由については後述いたします。

CMによって20代の若年層から高い人気を誇っている

いよいよこの中古マンション買取ランキングも最後となりました。今まで数多くの買取業者を紹介してきましたが、本当に会社によって独自のサービスを行ったりしていて、個性を出そうとしているのがわかりますよね。こういったものをちゃんと事前に把握しておかなければ、思わぬ損をしてしまうかもしれません。ですので、中古マンション買取業者選びはしっかり比較検討した上で行うようにしましょう。

というわけで、中古マンション買取業者ランキングの最後となる5位にランクインしたのは、「ピタットハウス」です。この企業に関しては、4位に紹介した住友林業ほどではないにしろ、2位にて紹介した大京穴吹不動産以上には知名度が高いかもしれません。「ピタットハウス♪ピタットハウス♪」といったような明るい歌を、テレビドラマなどにたくさん出ている人気の女優さんが唄っているテレビコマーシャルは平日のゴールデンタイムにて放映されているということもあり、かなり人気が高いです。

とくに支持が強いのが、20代を中心とした若年層であり、そのさわやかでふんわりした明るい感じのコマーシャルが、非常によい印象を与えているとのことです。また、ピタットハウスもCMだけでなく、20代に向けたキャンペーンを頻繁に行うことによって、さらなる支持を獲得しています。

ちなみに、ピタットハウスという名称に関してよく誤解されていますが、正式な会社名ではありません。このピタットハウスを運営している会社の名前は「ピタットハウスネットワーク株式会社」であり、東京都中央区日本橋にある資本金一億円の会社となっています。

はじまりは自身の分譲マンション買取経験から


まずはみなさま、はじめまして。私はこのサイトの管理人であるRINAです。この項目では、私がいったいなぜこのような中古マンション買取業者の比較ランキングサイトを立ち上げたのか、お話をしていきます。

元々私は都内のメーカーにて事務として勤めていました。あるときご縁があり結婚をし、東京にある分譲マンションを購入して、そこに夫と子ども、三人で住んでいました。分譲マンションの屋上からの眺めはすばらしく、部屋もとてもきれいでした。ですが、ある日、そこを売却しようと決めたのです。

マンション自体には何ら問題はありませんでした。売却の主な理由となったのは、子どもの成長です。2歳3歳といった子どものうちであればまだよいものの、どんどん子どもが大きくなってくるにつれて、他物件に比べて比較的広いと感じていたそのマンションの部屋ですら、かなり手狭に思えるようになってきました。子どもがさらに大きくなれば、そのうち「自分の部屋がほしい」と言い出すようになるでしょう。それならば、今のうちに一軒家を購入した方がよいのではないか。私と夫はそう考えて、分譲マンションの売却に踏み切ったのです。

しかし、ここからが本当に苦労しました。当初私はマンションの売却を「いいお部屋だし、どうせすぐにいい値段で売れるでしょ」と考えていたのですが、現実はそう甘くはなかったのです。

最初私と夫は、ネットで「マンション 売却」で検索し、そこで出てきた大手のサイトにて査定を行うようにしていました。それぐらいやっておけばいい値段で売却できると考えていたのです。ところが、大手のマンション売却サイトによる査定で出てきた金額は、いずれも私たちの予想をはるかに下回る金額でした。正直言うと、あそこまで低い金額で売却しては、到底一軒家を購入することすらできません。「もっと高い金額で売れるはずだ」と思い、直接事務所に赴いて査定を行ってもらいもしましたが、結果はほとんど変わりませんでした。

中古マンションの買取査定の仕組み


中古マンションを売りたいときには二つの仕組みがあります。

一つは「仲介」という方法で、もう一つは「買取」という方法です。この場合には金額は安くなりますが、すぐに現金化できるというメリットが大きいです。

ではこの買取でマンションを売りたい場合、不動産会社はどのような査定をするのでしょうか。仕組みを見ていきましょう。

■不動産査定には2種類の方法がある

不動産の査定は大きく2種類に分かれます。

一つは机上査定と呼ばれるもので、これは簡易査定という呼び名もあります。この方法のメリットは結果がメールや郵送物で分かるので、不動産会社の営業担当者に会う必要がありません。

しかしもっと掘り下げて査定をしてもらいたい場合には、訪問査定という方法が使われます。これはこの業務を担当する不動産会社の調査員が、売りたい中古マンションを訪問して、内部を目視などで見て回り、プラス面とマイナス面を厳しくチェックします。ですから訪問のほうが、実勢価格を知ることができるために、有利になります。どちらを選ぶかは自分次第ですが、その中古マンションに応じた価格で売却したいのならば、やはり訪問することを選んだほうが良いでしょう。

その他にも1社ではなく、複数の不動産会社に依頼する一括査定という方法もあります。この一括査定はいわば「相見積もり」のようなものです。つまり一つの不動産会社にだけ依頼するのではなくて、いくつもの業者に依頼して、一番高く買い取ってくれる業者を選べば良いのです。不動産の買取価格は業者によっては、大きく差が出ることもありますので、この方法を採用したほうが良いでしょう。

そして大事なことがもう一つあり、それは地元の業者に依頼することです。地元の業者はその土地の価格の推移などを知り尽くしているからです。ですから適正な価格で買い取ってくれる可能性が非常に高くなるのです。

■中古マンションの価格を決める方法とメリット

まずは売りたい中古マンションの情報を持って、その土地に詳しい不動産会社に相談に行きましょう。すると担当者がさっそく査定してくれます。それ自体は無料ですから、気軽に相談ができます。そしてそれらが終了した後、その金額が提示され、納得いくようでしたら売買成立になります。この買取の便利な所は何と言ってもその速さです。

仲介の場合は売主が見つかるまでは、そのマンションはもちろん売れたことにならないですから、現金が入ることはありません。しかし買取ならば不動産会社が買い取ってくれますので、すぐに現金化できるという大きなメリットがあるのです。

それ以外にも近所にマンションを売ることを知られたくないときなどにも、買取は役に立ちます。もし仲介を選んでしまうと不動産会社の広告などに掲載されてしまうために、近所に知られてしまうリスクがあります。しかし買取の場合はそれがありませんので、プライバシーを守るためにも買取がお薦めです。では不動産の価格はどのように決めるのでしょうか。

不動産の売却価格を決める方法は3種類あります。

一つ目は原価方式と呼ばれる方法で、老朽化などによって価値が下がった部分を、差し引いて求める方法です。

二つ目は取引事例比較方式と言い、過去のその不動産会社の取引した物件を目安にして、売却価格を割り出す方法になります。これは経験の豊富な不動産会社であれば適した方法です。

三つ目は収益還元方式です。これはその物件が生み出す家賃収入から求める方法です。

ですからその物件を不動産会社が貸しに出す場合には、その方式で価格を求めることが多いでしょう。

■仲介より売値が安くなるデメリットがある

中古マンションを買取してもらう場合にはいくつかの注意点があります。その一つが買取価格についてです。

これは仲介で売却したときよりも買取の場合は、どうしても安い値段でマンションを売ることになってしまうのです。

これは不動産屋が買い取った中古マンションを、再びリフォームしたり、リノベーションをしたりしてもう一度売りに出したり、貸しに出したりするためにそのリフォーム料金を引いた金額が売却価格になるからなのです。ですからもし少しでも売却価格を上げたいときには、買主が見つかるまで時間がかかるかもしれませんが、仲介を選んだほうが良いでしょう。

しかしすぐにそのマンションを現金化したいときにはスピーディな買取のほうが断然有利になります。

この買取はメリットはたくさんあり、デメリットと言えるものはこれくらいしかないのが特徴です。そのため価格をあまり気にしないタイプの人であれば、迷わず買取のほうを選んだほうが良いでしょう。

そして何社かの業者に相見積もりを取ってもらい、一番高く買い取ってくれる業者を見つけることができるのならばデメリットはほぼないと言って良いでしょう。中古マンションを売りに出すときには、このような点に注意を払い、不動産会社を選んでいきましょう。

すぐに現金化できるからと言って相見積もりを取らないのは禁物です。ときには大きく差が出る時もありますので、マンション買取の仕組みを良く勉強してから望みましょう。

マンション買取業者が必ずしも同じ値段で買い取るとは限らない

「分譲マンションってこんな安い値段でしか売れないのか」度重なるよくない結果に打ちのめされた私たちは、もうこの値段で売却してしまおうかとすら考えていました。もし、ここで諦めていれば私たちは不満を抱えたままマンションを手離すこととなってしまい、満足のゆく一軒家を購入することなどとてもできなかったでしょう。

私たちの妥協を止めてくれたのは、同じく分譲マンション所有者であった友人の言葉でした。彼女は物件を複数所有しており、ついこの間一軒のマンションを業者の仲介によって売却し、高い利益を獲得したばかりでした。

落ち込む私に彼女が言ったのは「大手ばっかりに頼っていると、いい値段でマンション売れないよ」といったものでした。彼女が言うには「物件の売却金額が同じなんてことは大間違い」であって「本気で売りたいのであれば、いくつもの業者の中から慎重に検討をすべきだ」とのことでした。この一言でハッと目を覚ました私は夫を説得し、再度業者探しをはじめてみることにしました。ここからはより大変でした。ネット検索で適当に大手の業者を探すといったものではなく、徹底的に業者を探し、メールや電話などを駆使してとにかく執拗な情報収集を行ったからです。

そうして、かなりの時間と労力を費やした結果、ようやく私たちにとって満足のゆく金額を提示してくれる業者とめぐりあうことができました。その業者は決して大手の企業ではありませんでしたが、私たちの住んでいる分譲マンションの魅力を非常に高く評価してくれ、大手業者が決してつけなかった金額を堂々と提示してくれました。

これによって、私たちの分譲マンション売却は大成功に終わりました。売却によって獲得したお金は、立派な一軒家を購入するためには十分と言えるぐらいの金額であり、なにからなにまで私たちの希望の上をいく物件を購入することができたのです。

この一件で私たちが実感させられたのは、情報収集の大切さです。しっかりと情報を集めなければ、今頃私たちは大損していたかもしれません。そのことを分譲マンション等の中古物件を所有しているみなさまに伝えるため、このサイトを立ち上げました。このサイトに掲載されている情報は、すべてわたしが独自で収集したものです。そのため、どうしても個人的な意見や主観による判断が混じってしまってはいますが、それでもよろしければぜひご覧くださいませ。

このサイトに掲載されている情報によって、あなたの所有している中古物件が高値で売却できたのであれば、サイト管理人としてとてもうれしく思います。

大手だから必ずしも高く買い取ってくれるというわけではない


私がマンション買取業者選びにおいてもっとも実感させられたのは「大手業者=もっともよい」ということが必ずしも正しいわけではないということです。今まで私はなにかを購入したりする場合、大手企業の製品をよく使っていましたが、中古マンションの売却においてはそれがあてはまらず、むしろ中小業者の方が高い金額を提示してくれたのです。いったいそれはなぜなのか。その理由について私が考えたことを、この項目で解説していきましょう。

まず、ひとつめの理由として、大手業者と中小業者の間で、物件に対する考え方が大きく異なっている可能性があるということです。たとえば大手業者の場合、外観のキレイさなどをもっとも重視しているかもしれませんが、中小業者の場合はそうではなく、たとえば部屋の間取りの広さを重視して値段を考えている可能性があるということです。この場合、大手業者は間取りが広くても外観がそれほどキレイでない物件に対してはあまり高い評価をつけてくれませんし、中小業者の場合はその逆のことが起こり得ます。

そしてもうひとつ、大手業者と中小業者では、視点も大きく異なっている可能性があります。たとえば大手業者の場合、本部から提供されているマニュアルに従って査定額を決めている場合があります。そのため、基準に少しでもそぐわないと査定額を下げてしまう大手業者も中には存在するのです。

その点中小業者は機動力が高く、一人の顧客に対して親密であるという傾向が強いため、ひとつの物件に対しても細部まで隅々としっかり見た上で判断してくれる傾向があります。だから、大手と中小業者では物件の価格が変動してくるのではないかと私は考えています。

価格に関しては、大手の方が高い場合もありますし、その逆も十分にあり得ます。ですので、業者規模の大小にかかわらず、複数の業者から見積もり査定をとるということは、非常に重要なのです。

悪質な買取業者には注意しましょう

マンションの売却を検討されている方がもっとも気を付けるべきこと。それは悪徳な買取業者についてです。

「そんなのは映画やドラマでのことでしょ?」と思われるかれませんが、中にはとてもあくどい手口で物件を不当に入手しようという業者も存在しているのです。

たとえばこれは友人から実際に聞いた手口なのですが、やたら低い価格で見積もりを行ってくる業者がいるようです。他業者より圧倒的に低い価格であるにも関わらず、「他の業者よりはかなり高い方」「この物件はあまりよくないからこれ以上の値段はつかない」など、こちらのやる気を削いであきらめさせようとしてくるのです。さらに悪徳な業者の場合、「せっかく見積もってやったのに売らないのはどういうことだ」と、遠まわしに圧力をかけてくることもあるそうです。そうして物件を安く買い取った後は、自社にてかなり高い価格をつけて売却し、その差額をまるまる自分たちのものとしてしまうのです。

中には、法律に抵触するようなとても悪辣な手口を用いる輩も存在しています。何の知識や情報もないままそういった業者に接触してしまうというのは非常に危険です。せっかく高いお金を出して購入した分譲マンションを、不当に低い金額で手離すことになってしまいかねません。

こうした悪徳業者の毒牙にかからないようにするには、情報の取得がもっとも現実的です。ひとつの業者に依存することなく、必ず複数を当たるようにしましょう。見積もりに関しては一社だけではなく、必ずいくつかの業者からもらうようにしてください。多くの人々は分譲マンションの知識がないため、ロクに情報がない状態だととにかく騙されやすい、ということを心に留めておいてください。

 

記事一覧

中古マンションを処分する場合に買主を見つけるのが難しい場合があります。 建築後長期間経過していてあまり市場価格 ・・・[続きを読む]
今持っているマンションを中古マンションとして買取してもらう場合、面積や立地条件などが査定の範囲に入るのはもちろ ・・・[続きを読む]
まとまったお金が急に必要になる時、手持ちの不動産を売却してお金を作る人がいます。 一般的に売却する際、買主が現 ・・・[続きを読む]
中古マンションを買取に出したいけれど、査定を受けるのにも費用がかかるのかどうかわからないという人は多いでしょう ・・・[続きを読む]
中古マンションの買取依頼するにもいくつもの調査が必要になります。 思うがままに売れないのは、この調査不足にもあ ・・・[続きを読む]
古い中古マンションの買取価格は一般に下がると言われています。 下がることもありますが、思ったよりも高い値段にな ・・・[続きを読む]
中古マンションを処分するときにまず買主をさがす必要に迫られます。 買主や購入希望者を個人の力で探すのは容易なこ ・・・[続きを読む]
中古マンションの買取依頼をする目的はそれぞれ個人によって異なりますが、それぞれの目的にあわせて最適な業者選びを ・・・[続きを読む]
中古マンションを売りに出すのは、建て替えや新たな住居を購入するためといった場合が多いです。 そのため現在所有し ・・・[続きを読む]
人生において、優先すべきものについてはそれぞれの人や家庭によって異なっていることが一般的です。 例えば、仕事を ・・・[続きを読む]
住んでいるマンションを手放して、新生活を送ることを希望する際には、中古マンションの買取を行います。 一般的には ・・・[続きを読む]
中古マンションを手放すときに、買取業者に任せてみるというのも一つの選択です。 でも世の中は広く、丁寧で親切な対 ・・・[続きを読む]
中古マンションを売却したい場合には、一般にはその地域を営業エリアとしている不動産会社に相談をして、物件の査定を ・・・[続きを読む]
自分の所有しているマンションを売りたいと考えているとき、経験のない人にとっては、どこに売ったら良いかわかりませ ・・・[続きを読む]
中古マンションを不動産業者に買い取ってもらう場合に、一番気になるのは何と言っても、物件の買取価格でしょう。 し ・・・[続きを読む]
中古マンションを手放すことを決めた場合に、その手段として買取と売却の二つの方法から選ぶことになります。 買取も ・・・[続きを読む]
築年数が30年以上の期間が過ぎている中古マンションは、設備はもちろん内外装や水回りなどの使い勝手に関して最近の ・・・[続きを読む]
中古マンションを買取り依頼するに当たりいくつもの注意点があります。 これらを意識しないと思うがままに売れないの ・・・[続きを読む]
今マンションに住んでいるという方も、別の場所で暮らす予定があったり、一戸建てを入手するなどして転居を控えている ・・・[続きを読む]
中古マンションの売買は通常の物品を取引するのとは異なり、売り主側に瑕疵担保責任というものが生じます。 引き渡し ・・・[続きを読む]
中古マンションは比較的安い割に設備が整っているので非常に人気です。 買い手が多いということは売り手にとっては買 ・・・[続きを読む]
中古マンションを売りたい場合に市場価格がいくらくらいなのかは、非常に持ち主にとっては大切なことです。 では、ど ・・・[続きを読む]
購入した中古マンションの価値が購入した当初よりも下がってしまうことはよくあります。 これは、景気の状態が変わっ ・・・[続きを読む]
中古マンションを手放そうと思い買取の話を進める時、買主となる不動産業者からもう少し安くして欲しいと価格交渉を持 ・・・[続きを読む]
中古マンションを売却する手続きと新築マンションを購入する手続きはどちらを先にすべきなのか、あるいは同時進行で進 ・・・[続きを読む]
中古マンション買取というと一般人からすると非常に難しそうで頭の痛い話では、ないでしょうか。また買取額イコール手 ・・・[続きを読む]
最近、新築のマンションの価格が高騰している影響で特に都心部では、中古マンションの価格が高値で推移しています。以 ・・・[続きを読む]
中古マンションを売り出す際には、誰もがなるべく高く買取を成立させたいと願います。 そのマンションの売却によって ・・・[続きを読む]
中古マンションの買い時が分からないという人は少なくありません。その場合は色々な視点から判断して見極めると良いで ・・・[続きを読む]
なかなか一般の人にはわかりにくい不動産ですが、中古マンション買取で必要な諸経費を説明します。 中古マンションの ・・・[続きを読む]
クルマを売却するときはキズ・ヘコミは直さないほうがお得と言われており、これは中古マンションにも当てはまることが ・・・[続きを読む]